デリヘルの物件から開業をトータルサポート!物件から運営までVIPマンションにご相談ください!

次回 物件更新5月13日(水) です

デリヘル開業マニュアルは私が書いてます!

物件担当小林とは…
入社後すぐにVIPマンションを担当するもノウハウが全くなく売り上げもSEOもダメダメ。
しかし心を入れ替え愚直にSEOを学び、物件を求めているお客様にどうしたら見ていただけるかを
考えてそれを実行。見事「デリヘル 物件」で1位となり、物件の成約実績を重ねる。
学んだノウハウを噛み砕いてお客様に提供中。

SEOブログ担当K子とは…
社内最年少ながらコンシェルジュグループ小林の下で頭角を現しつつある末恐ろしい女性社員。
現状約40店舗のアクセス解析を一人で担当しそのうち50%以上の店舗様のアクセスアップに成功。
「業界のオーナー様がもっともっと豊かになれるように自分の力を最大限に尽くしたい」という
思いからウェブ解析士マスターを目指し日々勉強中。

メンズエステの開業がいまアツイ!その2

ンズエステの開業がいまアツイ!その2

前回のメンズエステに関する記事の続きになります。
まだご覧いただいてない方はこちらからどうぞ。


メンズエステの収支についてお話したいと思います。

まずは広告費についてです。これはデリヘルと比較したいと思います。
もともと弊社は高級デリヘルに特化した広告サイトを運営していましたので、デリヘルのことはよくわかっています。

デリヘルで一日に10人以上お客様を付けようと思ったら広告費をある程度の金額を掛けなくてはなりません。
何故なら広告媒体が多すぎるからです。
テッパンと言われるサイトがなく、地域によっても効果は様々です。

メンズエステはどうかというと、2015年3月現在ではある程度”テッパン”と言えるようなサイトが限られています。
そのテッパンサイトに一気に出稿してしまうとお客様が一気に来過ぎてしまうということでタイミングをずらすほどです。

広告サイトが絞れているおかげで、場合によってはデリヘルの半分以下の広告費で効果は倍以上、というケースもありました。

これだけいい条件なのになぜデリヘルのように出店数が爆発的に伸びないのでしょうか。

それは物件の高さが要因としてあります。
施術部屋を2,3部屋とるとすると広さも必要になりますし、賃料は30万円以上になってしまうケースもあります。
しかも大抵こういう業種を了承してくれる物件は敷金、または保証金が6~10ヶ月と非常に高くなってしまいます。
そしてメンズエステに最適な状態にするためには内装工事をする必要もあります。
つまり初期費用はデリヘルの開業資金の数倍にまで膨れ上がってしまうのが、新規参入障壁となっているのです。

逆を言えば、この初期費用さえ何とかできればメンズエステ業界はまだまだレッドオーシャン化していないので勝ち目は十分あるかと思います。
日本人専門のメンズエステは比較的単価も高く、利益率はかなり良くなっているかと思います。

●まとめ●
メンズエステは初期費用さえ何とかなれば勝ち目あり!

次回はメンズエステで働く女性についてお伝えします。

 

 

※※※重要速報※※※

メンズエステの開業に特化した物件ページが公開されました!

【メンズエステの物件ならVIPマンション!】

 

物件をお探しの際は是非こちらをご覧ください!

K子
著者プロフィール
K子
コンシェルジュグループSEOおよび日本で1万人に1人の上級ウェブ解析士(2014/11/23認定 認定番号WAC21220005)。社内最年少ながらも小林らの下で頭角を現しつつある末恐ろしい女子社員。チャームポイントは明るい髪の毛、ヘアバンド、眼鏡の3点セット。夢は架空店舗「高級デリヘルかわいいK子」を実際に開業すること。

●人気の記事はこちら!

・【開業の疑問】デリヘルの開業資金って!?

・開業時の着目点【デリヘル店のコンセプトと広告】

・【開業時に必要?】デリヘルの税理士利用について